MENU

住み続けたい元気一杯の
豊中市をつくります

おさない

長内 しげき

2022政策大綱

「夢みらいビジョン」

基本理念
―未来につなぐまちづくり―
~「創る改革」とよなか 夢 みらい~

基本理念を実現していくために、「夢みらいビジョン」として70の施策を掲げています。これまで取り組んできた実績をさらに確実なものへと発展させ、先進都市として多くの皆さまに住みたい・住み続けたいと思ってもらえるまち、選ばれるまちとなるよう、引き続き、チャレンジしてまいります。

これまでの4年間

とよなか夢みらい

~ 実現する力!~

平成30年4月に行われた市長選挙において市民の皆様の暖かいご支援を賜り、第24代豊中市長に就任いたしました。3期12年にわたり豊中市政の発展にご尽力されました前淺利市政の継承と新たな発展をめざし、この間、「全力投球」をモットーに市政運営に精励してまいりました。
市長に就任してからの3年半は平成30年の大阪北部地震に始まり、西日本豪雨や台風21号などの自然災害に見舞われました。そして令和2年には新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が発出されるなど、市民の皆様にとって多事多難な年月でありました。

数々の脅威に直面する中、市民生活の安全・安心と地域経済や社会の維持・向上に向けて誠心誠意、取り組んでまいりました。 残す任期を控え、これまで推進して参りました「政策大綱」について真摯に総括を行い、市民の皆様にご報告させていただき、ご判断を仰ぐものです。
何卒よろしくお願い申し上げます。

長内しげき

4年間の振り返り評価

市長選挙の出馬表明に際し、「2018政策大綱(私のお約束)~実現する力!~」として「未来につなぐ創る改革~人と地域が活きるまちづくり」を基本理念に「“長内”未来づくり宣言」の5つの政策と3つの「未来づくりプロジェクト」を市民の皆様へお示しいたしました。総括に際しては掲げました「政策大綱」の進捗度を基本政策の進捗度として客観化(点数化)するとともに、政策・施策を進める上で重要な基盤である財政状況の推移と喫緊の重要課題である新型コロナウイルス感染症関連施策における市独自施策等の一覧を報告いたします。

詳しく読む

過去の実績

01. 長内みらいづくり宣言

みんなが大好きなまち・豊中。もっとたくさんの人に好きになってもらうために決断しました。豊中の未来のために、みんなの笑顔のために住み続けたい元気いっぱいの豊中市をつくります。淺利市政12年の積み上げた成果を礎に今と未来をつなぐ新たなチャレンジの始まりです。名づけて「豊中の未来づくり宣言」、いま開幕です。

詳しく読む

02. みらいづくり重点プロジェクト

掲げました政策大綱の着実な実現を図りますが、中でも特に、躍進・発展のために重点的に取り組む「1. 子どもの夢 実現プロジェクト」「2. 人生100年 充実プロジェクト 」「3. 改革刷新 プロジェクト」を、重点プロジェクトに位置づけました。

詳しく読む

03. 新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症から市民の皆様の命を守るため、積極的な疫学調査ならびに健康観察をはじめ、PCR検査の実施や市立豊中病院での病床確保に努めてきました。コロナウイルスはまだ消滅したわけではありません。引き続き、各種支援やワクチン接種などに取り組んでまいります。

詳しく読む
長内みらいづくり

長内みらいづくり宣言

長内みらいづくり 宣言1

教育文化先進都市 とよなか
~健やか育み振興政策~

子どもたちが健やかに育ち、学ぶまちをつくる。これは、私が市政運営に臨む原点です。子どもを真ん中に、教育文化都市・豊中をさらに発展させ、希望に満ちた、夢あふれる未来づくりにまい進します。

長内みらいづくり
長内みらいづくり 宣言2

まちづくり先進都市 とよなか
~地域づくり協働政策~

各地域の良さや立地特性をいかし、これからも住み続けたい、誇りと風格にあふれるまち・豊中をみんなで力を合わせてつくりましょう。

長内みらいづくり
長内みらいづくり 宣言3

安全安心・健康先進都市 とよなか
~あんしん健康共生政策~

災害に強いまちづくりに取り組むとともに、心が通い合う笑顔いっぱいのまちをめざします。誰もが健康で、安全安心に共に暮らすまちだからこそ、自分らしく心豊かに生きることができます。

長内みらいづくり
長内みらいづくり 宣言4

魅力活力先進都市 とよなか
~魅力活力躍進政策~

豊中の魅力に磨きをかけ、積極的に発信することで、まちのにぎわいと活気をさらに高め、活力に満ちた豊中を次世代へ引き継ぎます。

長内みらいづくり
長内みらいづくり 宣言5

市民サービス先進都市 とよなか
~改革刷新先導政策~

より一層市民サービスの向上に努めるとともに、これからも大胆に改革に取り組むことで、持続可能な行財政運営基盤をつくり、未来に引き継ぎます。

長内みらいづくり
みらいづくり重点プロジェクト

みらいづくり重点プロジェクト

みらいづくり重点プロジェクト1

子どもの夢
実現プロジェクト

子育て安心プランの策定(待機児童ゼロ維持、女性の就労支援)/魅力ある学校づくりの推進(小中一貫校の創設)/児童発達支援センター設置/幼児教育無償化の検討/若者支援総合相談窓口の設置

みらいづくり重点プロジェクト
みらいづくり重点プロジェクト2

人生100年
充実プロジェクト

地域包括ケアシステム・豊中モデルの総合推進/地域共生社会の推進/生涯現役促進事業の充実/在宅医療と介護の連携推進/住宅セーフティネットの充実(居住支援協議会の設置、空き家利活用、市営住宅の建替、耐震化)/定年廃止・雇用延長企業への支援制度創設

みらいづくり重点プロジェクト
みらいづくり重点プロジェクト3

改革刷新
プロジェクト

未来につなぐ行財政改革の断行/市役所総合窓口の設置/特別職・管理職への積極的女性登用/豊中ブランド推進機構の創設(産・官・学連携)/公共施設適正配置・有効活用(公共施設等総合管理計画の推進)/広域自治体事務の共同処理の推進/公民連携セクションの設置

みらいづくり重点プロジェクト
新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症から市民の皆様の命を守るため、積極的な疫学調査ならびに健康観察をはじめ、PCR検査の実施や市立豊中病院での病床確保に努めてきました。ワクチン接種では、市内270以上の医療機関のご協力のもと個別接種体制を構築するとともに、ワクチンカーの派遣やワクチンコンシェルジュの設置などの対策を講じてまいりました。
また、感染拡大の影響を受けた市民の暮らしや地域経済を守るために、各種給付金の支給やプレミアム付き商品券の発行などの支援も実施してまいりました。 医療従事者をはじめ、市民、事業者など、これまで感染症拡大防止にご協力いただいたすべての皆様に心から感謝申し上げます。
苦境に直面し、なおかつ立ち向かっておられる市民の皆様と心を一つにして、この困難を乗りこえる姿勢をお示しするため、私自身と副市長、教育長、上下水道事業管理者及び病院事業管理者の給与を削減いたしました。コロナウイルスはまだ消滅したわけではありません。引き続き、各種支援やワクチン接種などに取り組んでまいります。

詳しく読む

プロフィール

長内しげき(おさない しげき)

昭和33年8月11日 大阪府生まれ

大阪府出身。
1981年(昭和56年)3月、関西学院大学経済学部卒業。
1983年(昭和58年)4月、豊中市役所に入庁。
2010年(平成22年)4月、健康福祉部長に就任。
2014年(平成26年)10月、副市長に就任。
2018年(平成30年)5月15日、第24代豊中市長就任

詳しく読む